コメント一覧

「私的・時事提言 / 原発を卒業して、自然エネルギー革命を!」 <8>

原発はコストが安いは大ウソです。
原発で発電するまでには膨大な開発費、地元に支給する膨大な交付金等は電力会社が支給するわけではなく税金で支払われています。
原発は国策ですから。これらもコストに入れると原発のほうが高くつくという試算もあります。
この試算では水力が一番安くなりました。
このような原発はなるべく早く卒業して自然エネルギーだけにすべきです。
原発推進論者は原発が無くなると電力不足で、日本から企業がいなくなると言っています。
はたして本当にそうでしょうか。
実は日本企業の移転先で一番多いのが中国ですが、その中国で日本以上の電力不足ピンチなのです。
2011年夏で最大4000万kWの不足が見込まれています。
東電の5月30日の供給が4250万kWですから東電1社全てがストップする計算になります。
四川省では、たび重なる停電で大きなデモがりました。
少数民族の所ほど停電が起きています。
では、中国の代わりにインド?べトナム?あるいは、、、これらの途上国は電力そのものが小規模で余力は全くありません。
ですから企業の流出はそんなに起こりません。
それよりも早く原発に代わる発電システムをスタートさせる事です。
自然エネルギーの予算は国のエネルギー関連の数パーセントしかありません。
ほとんどが原子力関連です。これでは話しになりません。

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
本文
削除キー