有限会社ジェイスタッフ (有)ジェイスタッフは伊藤超短波(株)ならびにイペ販売(有)の正規取り扱い契約店である渡辺メディカルが高周波治療器「わかば」及び「ツインビート」「ひまわり Sun2 デュオ」、「紫イペ」販売専門店として設立した会社です
有限会社J STAFF
紫イペ
ペット用紫イペ
ツインビート
ツインビートIII
ツインビートシリーズ付属品
わかば
スーパーわかば
ひまわり Sun2 ひまわり Sun2 デュオ
ゲルマイオネット
ご注文はこちら
ご利用の案内
ご使用上の注意
お問い合わせ
なるほど豆知識
団塊ジジのにぎやかな独り言
有限会社ジェイスタッフ 会社案内
有限会社ジェイスタッフ リンク
有限会社ジェイスタッフ

j staff >> なるほど豆知識 >> マイクロカレント療法とは

マイクロカレント療法とは



健康と自然 No.156
日本電子治療器学会・理事長
近藤クリニック・近藤高志Dr.
の記事を抜粋しました


損傷電流

 マイクロカレント とは、微弱電流という意味です。
 私たち人間には、それと自覚できなくても、さまざまな生体電流が流れています。神経を流れる電流、細胞膜イオンチャンネルを通過する電流、細胞内代謝に使われる電流、そして打撲や捻挫など生体が傷ついたときに流れる損傷電流などです。損傷電流は受傷部位の治療を促進させる作用があるそうです。
 この損傷電流のような身体に感じないほど微弱な電流を病巣に通電して、痛みや腫れなどを改善させる療法をマイクロカレント療法 といいます。



 近藤先生によると、今、野球、サッカー、ゴルフなどのプロスポーツ選手や、オリンピックの柔道やハンドボールなどのトップアスリートにマイクロカレント治療 が使われているそうです。
 従来、マイクロカレント治療は、病院でしか行われていませんでした。治療器が大型で、価格も数百万だったそうです。数年前に、持ち運び可能な個人用が約15万円で発売されて、スポーツ選手に急速に広がったそうです。プロの選手にとって、身体のケアは、即収入に結びつくので普及が早いのでしょうね。
 そして2年前に、名刺大で約50gというマイクロカレント専用の普及器が約3万円で発売されました。技術の進歩は素晴らしいものです。


 近藤先生によると、「スポーツ選手に使われる理由」としては、

  1. 効果(痛みが取れる、やわらぐ)が自覚できる
  2. 即効性の効果がある
  3. 急性期にも慢性期にも効果がある
  4. 操作が簡単で自分でできる
  5. 名刺大サイズで軽量な製品なので、生活しながら使える

があるそうです。
 そして、近藤先生やスポーツ選手が実際にやっている治療手順は、

  1. 受傷直後にマイクロカレントの電極をつけ、その上から冷却材を巻きつける
  2. アイシングは通常翌日までですが、マイクロカレントは慢性期に入ってからも継続する
  3. 病院での治療には時間的制約があって、15分〜30分が限界であるが、できる事ならば自宅で1〜2時間を、1日2〜3セット行うのが理想的である
  4. 通電による副作用や副損傷は心配がない

だそうです。

マイクロカレント治療

 以上、近藤先生の記事を抜粋してみましたが、私のところでも、高校生の選手の間で普及し始めております。受傷しても練習を休めない人たちが、練習の合間や、自宅でのケアに重宝しているそうです。


 以上、マイクロカレントについて紹介してみました。

>>ツインビートV